インドの主食

SPONSORED LINK

「インド人は、毎日ナンを食べている。」
「インドの主食はナンである。」と思いがちですが、違います。
ナンはさんご存知の通り、
タンドールオーブン(土釜)で焼きます。
タンドールオーブンはインドの家庭にはありません。
ですから、インドでも日本同様、
ナンは「テイクアウトするもの。」
あるいは「レストランで食べるもの。」 なのです。
家庭では普段何を食べているのかと言えば、
チャパティかライスを食べています。

ライスは日本と違い、
「炊飯器にセットすれば出来上がり」ではありません。
どちらかといえば「パスタをゆでる」感じに近いので、
調理している間はその場を離れることができず、
大量のお湯を準備したりなど、
主婦の間では「面倒」と思われています。

そのため、北インドでは
主食としてはチャパティが用意されることが多いです。
チャパティとは、全粒粉(アタ:ふすまの部分も一緒に粉にした小麦粉)を
水と塩で練った生地を、丸めてからめん棒で薄くのばし、
専用の鉄板で焼いた、インドの薄焼きパンです。

このチャパティ作りは、
インドでは「花嫁修業必修科目」となっていて、
よく「チャパティが焼けないとお嫁に行かれない。」などど言われています。
インドは日本に比べて核家族化は進んでいないので、
世帯の人数が多いです。

ですから、主婦は1回の食事につき、
30枚ぐらいのチャパティを作ります。
チャパティの生地に、スパイスで味付けした、
カリフラワー、じゃがいもなどを 包み込んで丸くして、
それをめん棒で薄くのばして焼く、
パラタと呼ばれる味つきチャパティもあります。
これは子ども達には大人気です。

この味つきチャパティはよく「お弁当」としても活躍します。
インド人のお弁当は当然カレーです。
いくらドライに仕上げても、多少汁気があります。

またスパイス使用しているので、時間がたつにしたがって、
汁気が増したりもします。
なのでお弁当箱は、ステンレスの丸い容器が、
重箱のようになっていて金具で密閉できるものを使います。

インドの学校は学食もありますが、
もちろんお弁当を持参してもいいので、
味つきチャパティを自宅から持参する場合もあります。
チャパティを日本の食事にたとえるとしたら、
炊き込みゴハンのおにぎりみたいな感じです。
これひとつで、主食もおかずもまかなえます。

ちなみにナンのあの形ですが、
あれは日本限定の形です。
インドでもパキスタンでもナンは丸い形です。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!インド料理の基礎知識の関連記事