西インド料理

SPONSORED LINK

大都市ムンバイがある
マハラシュートラ州の沿岸コンカン地方から、
もとポルトガル領ゴアにかけては、
魚介料理が名物です。
素材の味を生かすことが好まれ、
主食は小麦粉のパン類(パラータ等)とご飯の両方です。
ピーナッツオイルや紅花油がよく使われます。

また、かのマハトマ・ガンジーの生まれ故郷でもあるグジャラート州には、
厳格な菜食主義のジャイナ教徒が多く暮らしており、
ヒンドゥー教徒の間でも菜食が発達しております。
グジャラートは良質な乳製品の特産地で
パンジャプに次ぐインド有数の穀倉地帯でもあります。

西インド各地域料理

グジャラート料理

西インドのグジャラード州は、
マハトマ・ガンディーの生まれ故郷。州都はアーメダバード。
インド古来のシンプルな生活と、
高い思考を尊ぶ風土を持ち、
それはグジャラード人の食生活にもあらわれています。
グジャラードには
厳格な菜食主義を守るジャイナ教徒が多く暮らし、
また伝統的なヒンドゥー教徒も多いため、
菜食料理が発達した地域です。
グジャラードは禁酒州でもあり、
州法により、外国人であっても許可証がなければ、
お酒を買うことができません。

しかしながら、
グジャラードは北インドのパンジャブ州と並ぶインドの穀倉地帯。
特に酪農が盛んで、
インドの乳製品の最大手でもある
グジャラード州酪農業協同組合が販売するアムールブランドをはじめ
高品質の乳製品で知られています。
ジャイナ教も乳製品は動物を傷つけないとして食べることから、
実はグジャラード料理は
肉、魚、卵、根菜のたまねぎやにんにくなど
使えない食材がたくさんあるにも関わらず、
品数がバラエティ豊か。

調理法にも工夫があり、
おいしさはインド国内でも定評があります。
それは盛りだくさんな名物の
グジャラード・ターリ(定食)で実感できるはずです。
グジャラードターリは、
チャツネやサラダなどの前菜にはじまり、
サンドディッシュのファルサン、
全粒粉を使った揚げパンのプーリ、豆や野菜のカレー各種、
スパイス入りのスープのカディ、ヨーグルト、白いご飯に炊き込みご飯、
スパイス入りのバターミルク・ドリンクのチャース、
デザートなどがてんこ盛りで、しかもおかわり自由。

グジャラードの料理は、チーズなどの乳製品のほか、
たまねぎの甘味を補うジャグリーというきび砂糖、
また隠し味にドライフルーツ粉や、
豆粉などを使うため、味付けがマイルドに甘く、
同時にスパイシーかつコク味があるのが特徴的です。

ゴア料理

西インドと南インドの
境界あたりのアラビア海沿岸にあるゴア州は、
16世紀初めごろまでのイスラーム王朝・ビジャープル王国の
一部として栄え、1510年にポルトガルによって奪い取られた後、
1961年にいたるまでのおよそ450年間、
ポルトガルの植民地としてインドの中では異色の歴史をたどり、
1987年にインド連邦直轄領から、州になりました。

料理にもポルトガルの影響が見られます。
主食で、土地でとれる新鮮な魚介ココナッツ
スパイスをベースにしながら
土地のキリスト教徒には、
豚肉も牛肉にもタブーがありません。

またヒンドゥー教徒の間でも
ポルトガル人が持ち込んだトマトやじゃがいも、
カシューナッツ、
そして多量のとうがらしを料理に使う点など影響を受けています。
ゴアの代表的な料理は、
魚とココナッツ、タマリンド、
スパイスを煮込んだゴア・フィッシュカレー、豚肉とビネガー、
とうがらし&スパイスを煮込んだポーク&ビンガルー、
スパイシーなソーセージのチョリソや、
ソーセージと内臓の煮込み料理ソル・ポテル、
ブラジル料理としても有名な
豆シチューのフェイジョアーダなどです。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!各地域の特色の関連記事
  • category
    各地域の特色

    西ベンガルは、かつて東ベンガル(その後は東パキスタン)とよばれ、1971年にパキスタンから独立したバングラデシュと国境を接する東インドの州。州都はコルカタ(カルカッタ)。

  • category
    各地域の特色

    北インドの料理は、イスラム王朝であるかつてのムガール帝国の厨房で中央アジアやペルシャの影響を受けて誕生した豪華で贅沢なムガール料理、インド随一の穀倉地帯で良質な乳製品の産地でもあるパンジャプの料理、そして辛く味わい深いカシミールの料理が代表…

  • category
    各地域の特色

    南インドの主食はお米。市場では湿気を含んだ丸っこい米から、細長いドライな米、赤味を帯びた米などが種類豊富に売られています。日本と同じジャポニカ種のお米もポピュラーです。

  • category
    各地域の特色

    大きな河川が多いこともあって、魚を使った料理が発達した東インド。また米食を主とするなど、日本の食文化に似た特徴を持った地域です。主食は米(インディカ米)。マスタードオイルがよくつかわれます。他にオリッサ州プリの菜食料理も。

  • category
    各地域の特色

    インドはヒンドゥー教をはじめとする多宗教国家。インド料理を語る時、そしてインド人、インドそのものを語るとき地理的な風土とともに、宗教的な背景について無視することはできません。